グローバル企業・中国系企業へのご転職はウィルアジアジャパンへご相談下さい。

サイトへ戻る

【ゲームプロデューサーの皆様へ】ゲーム会社とのコラボ企画のご案内※新規ゲームタイトルを開発してみませんか※FS期間中※

ウィルアジアブログ

· ■人気記事

 

こんにちは。

本日のエントリーでは、ゲーム・エンタメチームより、ゲーム業界にてプロデューサーを経験された方向けに現在2022年3月31日までFSの意味も込めて期間限定で展開させて頂いてるサービスをご案内させて頂きます。 

先に簡易な概要をお伝えしますと、ゲームプロデューサーと海外ゲーム会社を単なる採用という枠にとらわれずに、ゲームの企画内容でマッチングする新規事業立ち上げ専門支援サービスとなります。以下、経緯やサービスの特徴について説明させて頂きますので、ご覧ください。

 

 

【背景】

直近ではコロナ禍の影響もあり、在宅時間が増え、よりゲーム市場が拡大傾向にある中で、ゲーム会社としても、この波に乗って更なる事業拡大を図りたいという狙いがございます。一方で企画や人材が不足しており事業拡大に大きなブレーキがかかっていることも事実。加えて、アフターコロナを見据えた事業戦略においても、やはり同様の課題にぶつかっており、短期的、中長期的なボトルネックが重複しており、根本的課題の解決を図る必要性に迫られております。

 

【企業側(ゲーム会社)の現状と狙い】

弊社クライアントである中国系を始めとする海外ゲーム会社3~4社は、資金は豊富であるものの、前述の通り豊富な資金を活かすための①日本における企画が不足していることと、②企画があっても形にする人材が不足している。という二つの大きな問題に直面しております。

これに対して、ヘッドハンティングやダイレクトリクルーティングなど様々な採用手法で強化をしているものの、まだまだスピード感が足りないという課題もあり、新たな手法として、弊社と共同でゲーム企画の持ち込みによる新規事業立ち上げプランを開始する流れに至りました。

 

 

【企業側(ゲーム会社)の顔ぶれ】

ここでは個社名をご案内することは致しかねますが、世界的に見てもTOP10に入るような大手中国系ゲーム会社3社や、知名度が非常に高い日本のゲーム会社2~3社も企画に賛同しており、予算感や目指すゲームの方向性などから、ご紹介差し上げる企業を選択頂けます。詳細は、最下部よりお気軽にお問合せ下さい。

 

【適切と思われる人材像】

企業サイドの要望としては以下のような方を求めていらっしゃいます。

現状、良い企画はあるが、例えば現職企業で企画が白紙に戻るなど、企画を実現できる環境におらず、もどかしい気持ちをお持ちの方。いつか企画を実現したいと考えている方(企画は現職企業から買取を前提として進めてまいります。)や、または独立起業をお考えの元プロデューサーの方も大歓迎です。

※月額売上3憶円以上のゲームタイトルをプロデュースされた経験をお持ちの方で、さらにそれ以上の規模の企画を実現したいと思っていらっしゃる方とさせて頂きます。

 

【本企画のゴールと大まかな流れ】

ゴールとしましては、シンプルに前述のゲーム会社とゲームプロデューサーをマッチングすることで、優秀人材へよりご活躍頂ける機会を提供することと、企業側の事業発展に貢献することとなります。

 

おおまかな流れとしては、以下の通りです。

 

①弊社への問い合わせ及びご希望の確認

弊社のエンタメチームのメンバーにより、窓口受付させて頂きます。恐縮ですが上記の通り、ゲームプロデューサーとして、過去月額3億円以上のゲームリリースの経験をお持ちの方とさせて頂きます。

 

 

②企業側のご紹介

企画のご希望や内容に合わせて企業をご案内させて頂き、企業側との顔合わせ、プレゼンの場をセッティングさせて頂きます。

 

 

③企業との顔合わせ及び初回プレゼン

ゲーム会社向けに主に企画の概要やゴール、運営に必要なリソースなどをプレゼン(事業企画まで落とし込んで頂きます。※プレゼン段階からNDA締結を必須といたします。)して頂きます。企業によって顔ぶれは変わりますが、おおよそ初回から経営層や投資部門の責任者、制作部門の責任者などが想定されます。双方により双方の評価をする場となり、投資するかどうかの実質的な判断はこの場が大多数を占めることになります。

 

 

④投資部門との企画詳細の詰め

実際の企画立上げに向けた具体的な打合せとなります。具体的な運営方法や、人材採用の方法、投資金額の算定、運営上の弊害の有無と払拭策の想定、などになります。初回プレゼンの後からは実質と投資を前向きに進めるための企画ブラッシュアップとなります。

ニュアンスとしては、企業に採用される入社する、というよりも事業部立上げ(事業部門責任者)、新規企業設立(子会社責任者)、といった形が想定されます。

 

⑤投資、立ち上げ開始

それまで練り合わせてきた企画に合わせて始動となります。

 

 

企業サイドからは、投資部門、企画部門、制作部門などがプレゼンの場に参画する予定で、これまでのご経験を活かして様々な観点からビジネスとしての内容を練り上げて頂く必要がございます。

 既に弊社から一名この企画プレゼンを高評価で通過された方がおりますので、その方の事例も可能な部分でお伝えしながら支援させて頂きます。

 

【弊社ウィルアジアジャパンの立ち位置】

あくまで人材コンサルティングの枠内でのサービス提供という形をとらせて頂きますので、主には以下のサービス提供とさせて頂きます。

・企画内容のブラッシュアップ支援(企業側の評価ポイントなどお伝え出来ると思います。)

NDA締結の支援(一番初めに締結いたします)

・企業側のご紹介と面談のセッティング(日系中国系合計で5社ほどご案内可能です。)

・諸々の連絡取次業務 など。

個人の方は全てにおいて無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。 

 

【本企画をご利用頂くメリット】

1、これまで練ってこられたご自身の企画を実現できる可能性がある。

→複数のゲーム会社の投資部門に対して企画を持ち込みプレゼンする機会を得られ、大規模な企画を動かすことが可能です。

2、晴れてプロジェクトが稼働した場合は、事業部長以上(社長)の役職が保証されている。

→責任と権限を持ったポジションを任されます。収入も比較的高額年俸が望める。

 

 

【企画の現在地】

既に本企画においては、先ほども触れた通り一名優秀なゲームプロデューサーの方の支援を開始させて頂いております。この方は、世界を狙うゲームを開発したいという企画で稼働しており、大きなインパクトが期待できる見込みです。

弊社としましては、こういった成功事例を沢山築いていき、HRを通してグローバルベースでのビジネスインパクトを残していける事業支援をしてまいりたい所存です。

期間限定としている理由は、FS的な観点も含めてサービスをよりブラッシュアップしていくために、企業側と3月31日申し込み時点まで様子を見ようと決めているためであり、その後も継続していくことを基本前提としております。

 

【最後に】

弊社としましては、人材採用難のこのご時世である今こそ、これまでの年齢やバックグランドに捉われない観点から、「優秀とは何か」を再定義し、さらなる能力・経験を活かす機会を模索していくことで企業と個人のWin-Winは生まれる、と考えております。

独立や転職を考えていらっしゃるゲームプロデューサーの方がおられましたらぜひ一度ご検討下さい。同時にサービスのブラッシュアップのためのご意見も頂けましたら幸甚です。

以上よろしくお願い申し上げます。 

 

 

お問い合わせ:ウィルアジアジャパン株式会社

info@willasia.co.jp

山田重治(Yamada Shigeharu)ウィルアジアジャパン株式会社大学卒業後、大手人材会社で採用支援の営業に従事した後2010年より中国へ渡航。再度現地日系人材会社での勤務を経て上海で2013年ウィルアジアグループを創業。2018年ウィルアジアジャパン設立。現在は中国からリモートで日本採用案件(①駐在員案件、②中国企業の日本法人募集)のヘッドハンターとして従事。 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK