グローバル企業・中国系企業へのご転職はウィルアジアジャパンへご相談下さい。

サイトへ戻る

転職成功事例Vol3.【39歳/男性/外資ゲーム会社/日本支社事業部長/2022年1月入社】

ウィルアジアブログ

· ■転職ブログ

 

 

今回も個人的にお付き合いをさせて頂いてる方で、転職活動時も具体的なご相談をして頂いていた方です。個人情報は当然お伝え出来ませんが、事例として共有させて頂きます。

 人材採用に苦戦しておr

【ご転職者プロフィールと転職の経緯】 

39歳、男性、現在埼玉県在住

大学卒業後、大学院進学のために渡米。約2年の学習後、日本へ帰国。日本の著名ゲーム会社での10年の勤務を経て、外資系ゲーム会社でディレクター、プロデューサーを歴任。ヒットタイトルにも関わるなど優秀な能力をお持ちの方。

一方で、現職での業務にマンネリを感じ始めてきたため、新規でゲーム開発に関わることができるポジションはないかと転職活動を開始。

【採用側企業プロフィールと採用背景】 

本社規模10000名以上の超大手外資系ゲームメーカー。日本市場での展開も悪くはないものの想定よりも売り上げが伸びておらず新規タイトル含めて企画・リリースする方向を模索していた。

 

【ご転職成功までの流れとポイント】

 

ヒットタイトルの主要メンバーとして関わっていた過去実績と、企業側を唸らせるレベルの新規企画を具体的に提案出来ていたことが内定の決め手ですが、一番のポイントだと思うのは、ご本人が、誰にも言うことなく、世に出すことなく、ただ心にとどめておこうと思っていた企画を企業側の背景を理解しチャンスととらえた上で、少し企画内容を変えて(投資規模を下げて)提案したことです。この、企業のニーズに合わせる形で提案を変えたことは、より企業側の納得感を引き出すことに成功しています。

彼の今後のご活躍を祈願し遠くから応援させて頂こうと思います。

最後に、毎度のごとく宣伝となりますが、【グローバル・中華圏】【ミドル~エグゼクティブ】【営業・エンジニア】といったキーワードでご転職をお考えの皆様。ぜひお気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

 

 

お問い合わせ:ウィルアジアジャパン株式会社

info@willasia.co.jp

山田重治(Yamada Shigeharu)ウィルアジアジャパン株式会社

大学卒業後、大手人材会社で採用支援の営業に従事した後2010年より中国へ渡航。再度現地日系人材会社での勤務を経て上海で2013年ウィルアジアグループを創業。2018年ウィルアジアジャパン設立。現在は中国からリモートで日本採用案件(①駐在員案件、②中国企業の日本法人募集)のヘッドハンターとして従事。

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK